居住形態はどうか

光ファイバー比較ランキング

光ファイバーを導入する場合は、光回線工事が必要になります。

光ファイバーTOP > 居住形態

光ファイバー選び:居住形態

光ファイバーは、どんな居住形態でも電話回線を使用せず、電柱や道路からケーブルを引き込む必要があります。

そのため、初期費用として2万円~3万円程度の工事費を負担することになります。

さらに、マンション・アパートなどの集合住宅の場合、光ファイバー設備が整っていなければ、管理組合や大家さんなどに工事の許可をとる必要があります。

また、光ファイバーを検討する際は、導入時だけでなく、撤去時のことも考えなければなりません。

自分や家族が一戸建てや分譲マンションを所有している場合は、引っ越す可能性が低いので、光ファイバーを引き込んでも余計な経費はかかりません。

しかし、賃貸マンション・アパートの場合は、もともと建物の設備として設置されていなかった場合、引っ越しの際に回線撤去費用を支払って光ファイバーを撤去する工事を行う必要があります。

この回線撤去費用は、光ファイバー撤去と電話番号移行費用を合わせて15000円程度かかります。

さらに、引っ越し先でも光ファイバーを利用する場合は、再び回線工事費を支払うことになります。

そのため、持家でない場合は、回線工事費と引っ越し先で利用する際に必要となる初期費用の価格をしっかり確認しておくようにしましょう。

NTT東日本フレッツ光NTT東日本フレッツ光

最大4ヶ月のお得なキャンペーン実施中!
www.ntt-east.co.jp

NTT西日本フレッツ光NTT西日本フレッツ光

西日本契約者数No.1!信頼の実績!
www.ntt-west.co.jp

auひかりauひかり

話題の家電製品やリサイクルパソコンをプレゼント!
www.kddi.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 光ファイバー比較ランキング All Rights Reserved.