基幹回線の速度と利用者数

光ファイバー比較ランキング

光ファイバーはADSLとは違い、最大32人で1本のケーブルを共有することになります。

光ファイバーTOP > 基幹回線の速度と利用者数

光ファイバー選び:基幹回線の速度と利用者数

光ファイバーのマンションタイプの場合、1本の光ファイバーケーブルを最大32人で共有する方法が用いられています。

回線業者やプロパイダ業者で提示されている『最大100Mbps』という通信速度(基幹回線)は、技術規格上の最大値となります。

そのため、実際の通信速度は利用環境や回線の混雑状況などにより、遅くなる場合があります。

たとえば光ファイバーの基幹回線最大100Mbpsを32人で利用する場合、1人あたりの割り振りは3.125Mbps。最大200Mbpsの場合は1人あたり6.25Mbps。最大1Gbpsの場合は1人あたり31.25Mbpsが実使用速度となっています。

一方ADSLの場合、最大50.5Mbpsを1人で利用するため、NTT収容局と距離が近い場合はADSLのほうが速くなる可能性があるのです。

光ファイバーはADSLとは異なり、電磁波やノイズなど外からの影響はうけませんが、共有している人の内部影響に弱いため、基幹回線と利用者数の確認が重要なポイントとなります。

よって、マンションタイプを利用する場合は、基幹回線と光ファイバーケーブルの本数、同マンション内の利用者数を確認する必要があります。

NTT東日本フレッツ光NTT東日本フレッツ光

最大4ヶ月のお得なキャンペーン実施中!
www.ntt-east.co.jp

NTT西日本フレッツ光NTT西日本フレッツ光

西日本契約者数No.1!信頼の実績!
www.ntt-west.co.jp

auひかりauひかり

話題の家電製品やリサイクルパソコンをプレゼント!
www.kddi.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 光ファイバー比較ランキング All Rights Reserved.